悪玉コレステロール・LDLの基準値は70~139mg/dl

一般的な検査では、悪玉のLDLコレステロール値は、ある計算式を使って、綜コレステロール値、HDLコレステロール値、中性脂肪値の3つの数値から導き出します。

中性脂肪値が高い人は、その計算式では正しい値が得られないこともあるため、最近では、LDLコレステロール値を直接測定する場合もあります。

検査結果の基準値としては、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールの場合は、70~139mg/dlです。

140mg/dl以上だと高LDLコレステロール血症とみなされます。

虚血性心疾患、脳梗塞、糖尿病などが起こりやすくなります。

LDLコレステロールは肝臓を出発して、全身の組織にコレステロールを運びます。

しかし、血液中のLDLが増えすぎると、行き場を失ってしまい、LDLが運ぶコレステロールが余ります。

それが血管の壁にたまって動脈硬化の原因となります。

LDLが悪玉と呼ばれるのは、そのためです。

ここで勘違いしないために、補足します。

悪玉コレステロールと聞くと、コレステロール自体に「善玉」や「悪玉」があるように思われますが、それは違います。

「善玉」や「悪玉」は血液中を流れるコレステロールの乗り物で、リボたんぱくの違いを言います。

悪玉と呼ばれるLDLコレステロールも、善玉と呼ばれるHDLコレステロールもリボたんぱくの一種で、運んでいるコレステロール自体は同じものなのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ