中性脂肪を減らす食事のしかた

野菜

健康的に中性脂肪を減らすうえで、知っておきたい食事のしかたは、基本的なことになります。

まず、しっかりと頭にいれておきたいのは、1日3食を守り、いろいろな食品をバランスよくとることです。

どんなに食事の量を減らしても、好きなものばかりでを食べていれば、栄養が偏り、エネルギー過多になって、逆に中性脂肪を増やしてしまうことになりがちです。

中性脂肪が高い人は、肉・魚などのたんぱく質、ご飯や砂糖などの糖質や脂肪の摂取が多い傾向があります。そのかわり、野菜や海藻類が不足しているのです。

だいたい外食が多い場合、手軽に食べられる丼物やカツカレーなどのいわゆる一品ものを選びがちです。たんぱく質、脂質、糖質が中心でエネルギーが高く、野菜がほとんどとれません。

「バランスの良い食事」というと、難しい気がしますが、「野菜をしっかり食べる」ことに置き換えると、なんとかなりそうに思えます。

野菜をきちんと食べていれば、摂取カロリーを抑えられて、食事のバランスがよくなり、中性脂肪を減らすことにつながります。

外食では一品ものよりも野菜のついた定食、できれば和食を選ぶようにします。家庭では、海藻類を毎日摂る工夫をします。

野菜サラダを添えたり、海藻入りのお味噌汁を頻繁に登場させると、自然とバランスもとれてきます。

バランスのよい食事で腹八分が、中性脂肪を減らしていきます。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ