中性脂肪を水でサゲサゲ~代謝を高めて脂肪を燃やす

水

水を飲んでも太る体質だから、水分は控えてる人がいるかもしれません。これは誤解です。体に十分な水分があれば、代謝は高まり脂肪を燃焼しやすくなります。

人間の体を構成する成分のうち、最も多いのは水です。

全身の60%で、筋肉や脳では約80%が水分なのです。

筋肉や脳に水が多いなんて意外に思いませんか。

これは、細胞内の老廃物を排出し、栄養分を摂取する代謝活動を、活発に行うからなのです。

人が一日に消費するエネルギーのうち、約65%が上記のような生命活動を維持するための基礎代謝に使われます。

十分な水分が体内にあれば、基礎代謝が高まり、余分な体脂肪も燃焼しやすくなるわけです。

水分が不足すると、どうしても体の活動が鈍くなるため、蓄積した脂肪も燃えにくくなり肥満の原因になります。

人間の体はもともと、必要としている水分の3割くらいは少なく飲むようなつくりなので、飲み過ぎと感じるぐらいがちょうどよい水分量になるそうです。

起きがけの朝は、冷たい水だと体がびっくりして代謝が乱れがちになりますから、お湯をゆっくり飲むことをおすすめします。

お湯を飲むと、体は自然に目覚めて、代謝も徐々に上がります。体にたまった脂肪が燃えやすい状態になっていきます。

お湯や水を飲むだけなら、さほど難しくなく実行できると思います。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ